メインイメージ画像

ピッキング対策での防犯としての鍵は自分に必要な物を選びましょう

設置場所や重要性に応じて、防犯のための鍵には、いろんな種類があります。それぞれ違った特徴がありますが、まずピッキングに対する耐性です。そもそも鍵の差込口については、それに該当する錠前が要ります。ところがピッキングという手口では、その錠前を使わずに鍵を開けられるよう試みているのです。針金など用い、鍵を開けようとするのが一般的です。

ところが鍵によっては、ピッキングによる開錠までに時間がかかる事があります。それは鍵の形状によって異なるのです。

鍵Aの場合だと、ピッキングによる開錠までに10分程度かかり、鍵Bの場合は15分などの具合です。そしてピッキングで鍵を開けようとしている犯人は、時間を要すると見切りをつける傾向があります。余り長居をしたくないと考えているからです。ですから、ピッキングまでに要する時間が長くかかる鍵の方が、防犯性は高めになります。したがってピッキング完了までの時間は、鍵を検討する基準の1つになる訳です。

また鍵の差込口は、損傷を受ける事もあります。

いわゆるバールなどを使って無理やり開ける方法があるのですが、それも上記のピッキングと同じく時間が必要なのです。それも鍵の種類によって、時間が違います。ですから破壊に対する所要時間も、鍵を比較するにあたって基準の1つになるのです。

そして、そもそも鍵を作成するとなると代金がかかります。その料金も、鍵の業者により様々です。7000円前後の鍵もあれば、1万円以上を要する鍵などたくさんの種類があります。

ですから鍵を作成する値段も、それを比べる基準の1つになるのです。あまり多くの費用をかけたくないと思っている人は、値段が安めの鍵をチョイスしている傾向があります。ただし鍵は、費用だけでは比較できない一面もあります。例えばある程度まとまった費用がかかっても、防犯性を重要視したいという意見もあるのです。ですから、費用と防犯性の両方について考慮して、鍵を比較する場合が普通です。つまり費用対効果を考えて、鍵が比較されている傾向があります。

更新情報